top of page

7/14上映会〈午前の部〉「みとりし」

更新日:7月8日

P・Kパラダイス共催、夏の上映会

午前の部は、日本看取り士会 看取りステーション小諸ももか(須高)主催の

映画「みとりし」


「誰にもやがて訪れる最期の時をどう迎えるか」について、

考えるきっかけにして欲しい。

医療や介護に従事している方々にも、ぜひ、見ていただきたい映画です。


日時:7月14日(日) 10:00〜(開場9:30)

開場:須坂市生涯学習センター(中央公民館)3F

料金:500円(高校生以下無料)

予約:公式ラインでメッセージを送信

 *予約なしでも参加できます。

 *参加費は当日受付でお支払いください。  *ペチャ*クチャへLINEまたはメッセージでも予約受付できます。



高齢化が進む日本は、出生数より死亡者数が圧倒的に多い「多死社会」を迎えています。

このままでは医療・介護が追いつかず、

厚生労働省は2030 年には約47 万人が死に場所が見つからない

「死に場所難民」になる可能性があると警告しています。

日本看取り士会では、

自宅で最期を看取ってもらえる人が増える必要があると考え、

「看取り士」を育成・派遣するとともに、看取り学を広めることで、

自宅での看取りを支援しています。

上映する映画『みとりし』はその活動を伝えるヒューマンドラマです。


看取り学を学び、看取り士としての活動をはじめた

須高地域在住のメンバーが今回の上映会を企画しました。

この地域の見取り士さんにも出会える機会です。


閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page